愛知県名古屋市の歯科医院 医療法人ホワイトデンタル

3Dプリンター -CTデータから模型が作成できます-

3Dプリンターを導入しました。

医療法人ホワイトンデンタルではインプラント手術をより安全に行うために歯科用CTを導入し、CT画像からコンピュータでインプラント手術をシミュレーションソフトする専用ソフトを使用しています。 すぎうら歯科では、CT画像データから立体模型を作成する3Dプリンターを新たに導入しました。
従来までは、シミュレーションソフトで説明していましたが、3Dプリンターの導入により、ご自身の等身大の模型でご説明できるようになりました。

歯科用CTで撮影したデータ(DICOMデータ)を3Dプリンターが読める形式に加工していきます。

加工したデータの最終確認です。こちらのデータを3Dプリンターに転送します。
3Dプリンターによる模型作成方法は、右の写真にある白い紐(ABS樹脂)を溶かしながら、点で盛るという作業を繰り返して立体にしていきます。

右に行くにつれて段々と模型が出来上がっていきます。
実際の作成風景は、下の動画をご覧ください。

 

模型作成後、トリミングをしてキレイにすると完成します。
(※写真をクリックして拡大出来ます。)

術前にすべてのことがビジュアル的に見えるのでインプラント治療にはかなり役立ちそうです。また患者様もレントゲンで説明されるより、より理解して頂くことが可能になると思います。