愛知県名古屋市の歯科医院 医療法人ホワイトデンタル

総義歯の場合 -少ないインプラント本数で快適な食事が期待できます-

それでは、すでに自分の歯を全部なくしてしまった方はどうするのでしょうか? そういう方は、通常、総義歯をはめておられることと思います。上顎(上アゴ)の総義歯は、きちんと作れば、意外と快適なことが多いようですが、下顎(下アゴ)の義歯は、舌があるため、面積を多く取れないので、どうしても不安定になりがちです。「上アゴはぴったりしてるんだけど、どうも下アゴが食事中動いて、うまく咬めない。沢庵なんかも切れ目を入れないとどうもちょっとね・・」という方は、けっこう多いのではないかと思います。そういう方には、下アゴの前歯付近にインプラントを2~4本植え込み、そこに義歯を引っ掛けるようにすれば、咬む力がかかっても、入れ歯は動かずに快適にお食事できるようになります。この方法はアゴの骨が痩せてしまった方にも応用できます。

総義歯の場合