愛知県名古屋市の歯科医院 医療法人ホワイトデンタル

臼歯部欠損の場合 -早めな処置が必要です-

人間の奥歯は、片側に小臼歯2本と大臼歯2本の、合わせて4本で構成されています。特に大臼歯を何らかの原因で失うと、咬む能力を著しく減少させる結果となります。そのため、そのまま放置しておくと食事を取るのが困難となり、柔らかいものしか食べられなかったり、また、丸呑みが習慣となって、胃腸障害を起こすことにもなり、自分の健康にもかかわるようになります。

そのような状態にならないためにも、奥歯を失った場合、早急に何らかの処置をすることが必要です。片側のみを失った場合でも、「反対側で咬めるし、そう不自由もしてないから、そのままでいいや!」 とか 「以前、歯医者さんで入れ歯を作ってもらったけど、あまり咬めないし、違和感が強くて食事がおいしくない・・ だから何も入れないでそのままほかってある。」 そういう方は意外と多いんではないでしょうか? ご本人はあまり不自由さを感じないかもしれないですが、体のほうは声なき声で悲鳴を上げているのです。特に片側の歯が残っている場合、本来は反対側で負担しなければいけない咬む力も、その歯で負担することになり、自分自身の咬む力に耐え切れなくなり、歯がグラグラになったりすることもあります。

そういう状態が続くと残っている自分自身の歯にも、徐々に悪影響が広がってきます。自覚症状が出たときには 「すでに時遅し」で残念ながら抜歯に至ることも少なくありません。そういう方に出会うと 「もう少し早く来ていただければ・・」といつも思います。

臼歯部欠損