愛知県名古屋市の歯科医院 医療法人ホワイトデンタル

単独植立 -両隣の歯を傷つけないで新しい歯を入れる-

単独植立 歯が一本抜けた場合、通常であれば両隣の歯を削って、その歯をつなぎ、「ブリッジ」を架けます。このブリッジは噛み心地もよく、異物感も少ないということで、現在に至るまで長年の間、何の疑問もなく標準的な治療法として行われ続けてきました。もちろん、私もこの治療法に対して否定する立場ではなく、歯が一本抜けた場合に対しての「第一選択されるべき治療法」だと思っています。ただ、

  • 支えとなる歯がグラグラの場合は無理。
  • 支えとなる歯が健康であっても、削らなくてはならない。

などの欠点もあります。
近年の傾向としては、むし歯ではない健康な歯を、必要とはいえ、削らなくてはいけないこの方法に対して、抵抗を感じる患者様も、少なからずいらっしゃるようです。そのような方にとっては、この方法は、両隣の歯をまったく傷つけることなく新しい歯を入れることができるため、好評を頂いております。天然の自分の歯を傷つけないということは、その歯の寿命を長くすることであるのはいうまでもありません。

単独植立