愛知県名古屋市の歯科医院 医療法人ホワイトデンタル

噛み合わせ

かみ合わせと健康の関係

歯のかみ合わせが原因で肩こりや頭痛・腰痛、手足のしびれもしくは全身の不調、倦怠感、顔のゆがみ等、様々な病気を発症することがあります。あなたの様々な症状もかみ合わせが原因かもしれません。かみ合わせが原因で起こりうる症状があるということは歯科治療においては、体と相談しながらかみ合わせを作っていく視点が必要です。歯科ではなかなか、様々な体の症状とかみ合わせとの関係について論じられたことがありませんでした。ところが最近やっとかみ合わせと全身症状との関係が指摘され始めました。

例えば頭痛の原因の一つに筋肉が異常に緊張することにより、いわゆる筋肉のこりすぎから血流の障害が原因で起こる頭痛があります。CTやMRIをとって検査しても何も悪いところが見つかりません。整形外科や内科では、痛み止めをもらい、痛みがあるたびに薬を飲み続けるのが一般的です。では頭痛の原因である、筋肉の緊張はなぜ起きるのでしょうか?

筋の緊張は体の構造上のゆがみから起こっているものがほとんどです。筋肉に過剰な力がかかっていないバランスのとれた状態であればどこの筋肉も緊張しません。ところが日常の生活や仕事の上で、疲れから局所に疲労物質がたまったり、骨格がねじれたりする事があります。これは体の構造上必ず起こり得る事なのです。
骨といえば非常に硬く変形しないようなイメージを持たれるかもしれませんが、骨の構造は皮質骨という硬い骨とそれに覆われた海面骨という柔らかい骨の二重構造なのです。それだけゆがみ・ひずみを起こしやすいという事なのです。筋肉は骨にくっついているわけですから、骨がゆがめば引っ張られる筋肉やねじられる筋肉が出てきます。こういった過剰な不正な力が筋肉にかかり続けると、筋肉の中にある血管が圧迫され血行が悪くなり、こりにつながっていくのです。

こういった骨格の変化や筋肉の緊張は歯科治療に影響します。かみ合わせの決定される要因は骨・筋肉・歯の三つの要素から成ります。つまり骨格のゆがみや筋肉の緊張がある状態のままでは、正常な理想的なかみ合わせの位置ではないという事なのです。現在でも一般的な歯科治療は歯を形態的・機能的に回復するという事が大部分です。しかし、当院ではかみ合わせの異常からくる全身症状の改善、骨の歪みや筋肉の緊張の無い正常な状態での歯科治療など、もう一歩踏み込んだ治療をしていきたいと考えております。次回、具体的な取り組み(診査、診断、整体など)当院のシステムについてご紹介致します。