愛知県名古屋市の歯科医院 医療法人ホワイトデンタル

無痛治療(痛くない歯科治療)

もっと快適な治療のために

多くの方が歯科医院を敬遠する理由のひとつが「痛い治療」だと思います。
そのハードルをクリアできれば、「もっと気楽に」「もっと楽しく」通院することができるのではないでしょうか?
すぎうら歯科では、いろいろな方法、最新機器を取り揃えて組み合わせ、患者様が全く、もしくはほとんど痛みを感じない「無痛治療」を実践しています。
下記に代表的なものを簡単に紹介します。

  • 麻酔時には必ず表面麻酔(塗る麻酔薬)を使用
    麻酔の注射をする前に、針を刺す部位を麻痺させるため、必ず表面麻酔薬を塗布します。これにより針を刺す痛みが全くありません。
  • 最新式コンピューター制御の電動注射器を使用
    アネジェクト 歯を削ったり、根の治療をするときなど、歯科治療においては麻酔が必要なことは多いです。従来型の手動による注射器は、指で押すため、力の関係で、あまり注射針を細くすることができませんでした。細くすればそれだけ大きな力を入れなければ麻酔液は出てきません。そのため細かい制御が難しく、ある程度太い注射針を使用せざるを得ませんでした。太い針を使用すれば、その分針を刺すときの痛みを感じやすくなります。
    当院で使用しているアネジェクトは、初めは本当に少しずつ、そしてだんだんと早くする言わば「名医の職人芸」をコンピューターが確実に再現します。針入点に表面麻酔を併用することにより、当院での麻酔は「いつされたのか分からないくらい」痛くありません。
  • ドリル以外の治療方法
    あのキーンと響くいやな音、あれを聞くだけで身の毛がよだつ感じがする方も多くいらっしゃることだと思います。当院では、特に恐怖感の強い方に対して、ドリルを使用しない治療方法を選択することができます。