愛知県名古屋市の歯科医院 医療法人ホワイトデンタル

ラミネートベニア

歯の色が濃い方や前歯にむし歯がある方に

「ラミネートベニアは削って貼るだけ、・・簡単な処置だろう。・・・どこの歯医者で治療しても同じなのでは・・」 そう思っている方も多いのではないでしょうか?
確かに美容系の雑誌など見ると、「たった2回の通院でO.K!」とか、どうも手軽さがウリのような感じがしますが、冷静になって考えれば、「あやしい…」ことがよく分かります。

「たった2回の通院。」ということは、相談に行ったその日に歯を削られて、その次の来院時に、歯を入れるということです。患者の立場に立ってみれば、初めて訪れた歯科で、カウンセリングもそこそこで、いきなり歯を削られて…というのは本当に患者様のためを思って行っているのでしょうか?特に大手チェーンの美容○○がアルバイト歯科医を雇って審美歯科を行う場合、回転をよくするため、そのようなことを行うと聞き及んでいます。そのようなところで行われたポーセレンラミネートベニアは、今まで私の見た限り、できの良い物はありませんでした。

審美歯科分野を行えば行うほど、ラミネートベニアの奥深さが分かってきます。あの1ミリにも満たない薄さの中に、何層にも患者様の歯の情報が入れられています。ここがまず技工士の腕の見せ所です。

一流のセラミストでないと、自然な色は出せません。特に当院のように、ホワイトニングを行った歯に色調を合わせる場合、(専門用語で B1,A1程度の色の場合、) わずかに色調が違うだけではっきりと違いが分かってしまうため、作製は困難を極めます。

また、それを歯に接着する場合、プラスティック系のセメントを用いるのですが、そのセメントの色調が下地となって出てしまうため、セメントの選択と言うのが大きなポイントとなってきます。ここは経験が物を言うところです。その他、接着時に少しでもずれてしまうと、また最初から作り直し・・、私も経験が少ないころ、そういう失敗もしてきました。ラミネートベニアは歯科医師とセラミストのどちらの技量が欠けてもうまくいきません。

例えば、前歯をすべてラミネートベニアで治療する場合というのは、実は1本のラミネートベニアを入れることよりも易しいのです。前歯をすべて治療するのであれば、ある程度色がそろっていればそう問題もないのですが、1本だけだと、両隣に色をきちんと合わせないと、たちまち「入れた・・」ということが分かってしまいます。