愛知県名古屋市の歯科医院 医療法人ホワイトデンタル

歯周治療

成人の約8割が歯周病

成人の約8割は、程度の差こそあれ、歯周病にかかっていると言われています。それでは、歯周病っていったい何なのでしょうか? 皆さんは漠然と「歯ぐきの病気」ということはわかっているようですが、正確には「お口の中の細菌によって、歯ぐきの下にある、歯を支える骨(歯槽骨)が溶かされる病気」なのです。そのため、昔は歯ぐきから膿が出る、ということで「歯槽膿漏」と呼ばれていました。初期には、自覚症状が乏しいため、「歯ぐきが腫れた」などの症状が出てから、歯科医院を受診して、手遅れ、ということがままある怖い病気です。
皆さん、下記のような症状はありませんか? もしあれば、要注意です。

  • 歯ブラシをすると出血する。
    歯肉が炎症を起こしています。健康な歯肉であれば、歯ブラシ程度のことでは出血はしません。
  • 最近、肉のすじや野菜の繊維質、きざみねぎなどが歯に挟まるようになった。
    歯が自分では気付かないほどですが、少しずつ動いています。そのため、物が挟まりやすくなるのです。
  • 食事後、楊枝を使わないとすっきりしない。
    上記と同じ理由です。
  • 家族から、最近、口臭がすると言われた。
    歯周病により、歯肉の内面がただれているため、膿がでています。
  • 朝起きると、どうも口の中が粘っこい感じがする。
    上記と同じ理由です。
  • 硬いものを食べると、痛くてどうも力が入れられない。
    歯を支える骨がなくなってきているため、噛む力を負担する能力が低下してきているためです。
  • 歯を指で触ると動く。
    歯を支える歯槽骨がかなりなくなってきています。
  • 疲れると歯ぐきが腫れる。
    歯周病が進行してくると、歯の周りの免疫力の低下、そして細菌の攻撃力の増大によってこのような急性発作を起こしやすくなります。
  • 以前はきれいな歯並びだったのに、隙間が開いてきた。前歯が出っ張ってきたような気がする。
    歯周病の進行により、歯槽骨の支えがなくなってくると、自分自身の噛む力にも耐え切れなくなってきて、歯が移動してきます。通常、奥歯では隙間が開いてきます。また、前歯は、出っ歯になってきます。

【歯周病の進行】

歯周病を悪化させる因子として、ブラッシングの不足、間食、喫煙、などがあげられます。また、就寝中、歯ぎしりをしたり、緊張すると歯を食いしばるような癖のある方も要注意です。あと、全身的に疾病のある方、特に糖尿病にかかっている方は急激に進行しやすいです。

治療について

前述のとおり、歯周病とは、歯を支えている歯槽骨が壊される病気です。歯に起こるいろいろな症状は、その結果引き起こされることですから、まずは「骨の破壊」を停止させなければいけません。いったん破壊された歯槽骨は、ほとんど元に戻ることはありませんので、「これ以上悪化させない」ということが、主な治療となります。まずは、患者様サイドの生活習慣を改めていただくこと、具体的には、1日朝1回だったブラッシングを毎食後、1日3回に、また、喫煙の習慣のある方は、すぐに禁煙していただきます。自分自身で禁煙できないときは、禁煙外来を持つ然るべき医療機関を紹介いたします。その他、食事指導など、生活上の注意点を指導いたします。

そして、当院ではまず、熟練された歯科衛生士によるブラッシング指導、その後にはプロフェッショナルクリーニングを行います。そして、歯肉の反応を見ながら、どのあたりまでの治療が必要か診断していきます。たとえば、その結果、どうしても歯周外科が必要と診断されたら、患者様に詳細を説明し、それから手術に移ります。進行した歯周病で、歯を残す場合、かなりの方に手術が必要となります。歯科医の技術、経験が結果を大きく左右することはお分かりのことと思います。当院では年間100例以上の歯周外科手術を行っており、多くの患者様に喜ばれていると自負しております。手遅れになる前に、ぜひご相談ください。