愛知県名古屋市の歯科医院 医療法人ホワイトデンタル

補綴関係

ブリッジ

ブリッジとは、歯のない部分に橋を架けることをいいます。歯が1~2本ない場合、隣接する歯を利用して人工の歯を作るいちばん一般的な方法です。ほとんど装着感がなく、噛む能力もほぼ自分の歯と変わらないため、患者さんには快適な方法です。

しかし、多数の歯が欠損している場合には適応できない、隣接する歯を削合しなければならない、などの短所のあります。
この方法は、健康保険でも一定の条件を満たせば、どの部位にでも適応できます。ただし、材料、方法などは決められているため、審美性(見た目)は考慮されません。また、近年問題になっているのは、保険で使用する歯の土台となる金属が唾液によって流出し、歯の周囲の歯肉に沈着する‘ブラックマージン’になる場合があります。

そのため、体にやさしく、良く噛め、見た目にも美しい歯を希望される方には、セラミックを使用します。他人が見ても、まず分かることはありません。
また、歯が全部ある場合でも、歯を美しくするのと同時に、歯並びを変えるときにも、この方法が使われます。 芸能人の歯と歯並びが急にきれいになった、という場合、この治療法によることが多いようです。

義歯(入れ歯)

義歯とは、歯が多数欠損した場合、用いられる治療法です。「入れ歯」とも呼ばれ、着脱可能な人工の歯です。ただし、ピンクの床がつくため、非常に違和感を感じやすく、慣れるのに時間がかかるのと、天然の歯に比べて、咀嚼効率が三分の一程度しかないのが難点です。また、取れないようにするため、部分入れ歯の場合、残っている歯にバネをかけますが、目立つため不評でした。
当院では、違和感が少なく、はずれ難く、痛くなく、よく噛め、なお且つ目立たない義歯を提供しております。また、最新のマグネットを使った義歯も、多くの患者様に提供させていただき、好評を得ております。詳しくはお問い合わせください。